給湯器交換のベストタイミングとは

subpage01

給湯器はどのような家庭にでも設置されているありふれた機械ですが、言うまでも無く機械である以上はいずれ壊れることになります。

壊れてしまえばお湯が出なくなるわけですから、理想を言えば壊れる前に交換しておく、そうでなければ故障した際に交換を検討するべきとなるでしょう。
ただ給湯器も決して無料でもらえるわけではないため、交換となると本体費用や設置作業費といった費用がかかってしまいます。

画像安定装置の詳細についてはこちらです。

そのため交換のタイミングを計りかねているという人も多いわけですが、これについて一つ目安となるのは「設置から10年が経過したかどうか」です。

様々なマキタの電動工具情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

この理由としてはまず給湯器の耐用年数が10年と定められていることが関係しており、基本的にメーカーからすると設置から10年が経過したものについては故障をするリスクがそれなりに大きくなっているものとみなされます。

給湯器の修理における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

一応定期的なメンテナンスを行っておけばそれよりも長い期間使うことが可能となりますが、おおよその過程ではメンテナンスなど行っていませんから、10年が経過した頃には入れ替えを検討し始める時期が来たと考えておくのがベストです。壊れていない段階での買い替えということであれば業者側も値引きをしてくれる可能性が高くなるため、費用面で考えてもこういったタイミングがお得と言えるでしょう。
次に二つ目の理由ですが、これは設置から10年以上が経過するとメーカー側も補修部品の提供を終えることがあるということが理由になります。

最高のディストリビューターの情報がわかりやすく紹介されています。

これについては法律で明確なルールが定められているわけではありませんが、メーカーからすると補修部品というのは在庫になりやすい商品として扱わざるを得ません。

デスケーラーの情報が欲しい方必見です。

特に製造が打ち切られてからしばらく経った製品となると、あとは市場から消えていくだけになりますから、市場から完全に消える前に補修部品を使い切りたいという考えがあります。


そうなってくると製造から10年以上が経過すると補修部品が存在せず、もし修理をするとなれば補修部品の製造から行わなくてはならないということになりかねません。

http://4meee.com/articles/hashtag/%E5%AE%B6%E9%9B%BB

この補修部品の製造から行うということはかなりの費用がかかるため、利用している側からしても出費が多くなりますから、10年を超えてきた後には補修部品の供給も不安定化するということで入れ替えを検討する必要が出てくるわけです。
あとはタイミングというものではありませんが、普段利用しているガス屋さんなどが来た時に給湯器の交換について話を聞いてみると言うのも悪いことではないでしょう。

http://okwave.jp/qa/q6166891.html

業者からすればそこで使用されている製品の型番や製造番号を見ればある程度の利用年数の見当は付きますし、現状のガス料金などを見てもっと効率化が出来ないかどうかまでアドバイスをくれますから、そういったアドバイスがあれば入れ替えについても正確な情報を持って検討できるようになるでしょう。

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/floor/shop/good-meals-shop/

ただ「壊れるまで使おう」というのは「お湯が出なくなったら換えよう」ということになりますから、毎日お湯を使って生活しているような人は、そう考えるのではなくいずれ交換が必要なものだと割り切り、タイミングを見て交換することをお勧めします。

関連リンク

subpage02














給湯器の種類について

温かいお湯を使いたい時に必要になる給湯器ですが、ガス式と電気式の種類があることを知っていますか。それぞれのメリットを知っておくことで、自分のライフスタイルに合わせたものを選んで購入をするようにしましょう。...

NEXT
subpage03














高効率のガス給湯器を理解して光熱費の節約に活かす

給湯器は湯沸かし器、温水器とも言われ、水を温水にして供給する装置です。その種類には、電気、ガス、石油用と種類があり、私達に一番馴染みのあるものが、ガス給湯器と言えるでしょう。...

NEXT